アセアンをスポーツでつなぐ Leading the ASEAN with Sports

国際テニス大会アーカイブ

Archive

筑波大学国際テニストーナメント(略称:つくばフューチャーズ)は2010年4月から、東日本大震災を挟み2015年4月まで主催、筑波大学、共催、筑波都市整備株式会社が筑波大学国際テニストーナメント大会実行委員会を組織し、5回に渡り続けてきました。

日本におけるITFフューチャーズ国際テニス大会は、F1.亜細亜大学を皮切りにF2.早稲田大学、F3.山梨学院大学、F4.筑波大学の順に春の大学シリーズとして4週間に渡り、それぞれの大学が大会運営に特色を出しながら学生スタッフが主体となりトーナメントを開催しております。

筑波大学も開催当初より、共催である筑波都市整備(株)とともに「国際交流」「賑わいの創出」をテーマに他大会とは一線を画す形で極めて国際交流色の濃い大会で開催し、成果を上げ2016年の活動より次の新たなるステージへ一歩を踏み出しました。

2010年から2015年まで共催として同甘共苦で大会を支えていただいた筑波都市整備株式会社ならびに多くの方々に、この場をお借りし心から感謝の言葉を捧げたいと思います。

本当にありがとうございました。

付記:
2019年からITF国際テニス連盟公認の国際大会では “Pro Circuit”、”Futures”、”Transition Tour”という名称は使用されず、ジュニア大会含めてITF World Tennis Tourという総称で呼ばれることとなりました。

Since April 2010, Tsukuba University International Tennis Tournament (abbr. name: Tsukuba Futures) has been held 5 times until April 2015 by Tsukuba University International Tennis Tournament Executive Committee, which was formed by Tsukuba University as a host and Tsukuba Urban Development Co., Ltd. as a co-host, even we have experienced Great East Japan Earthquake during that period.

ITF Futures International Tennis Tournament in Japan starts from F1. Asia University followed by in order of F2. Waseda University, F3. Yamanashi Gakuin University, and F4. Tsukuba University, we hold a tournament for 4 weeks as a spring university series by a group mainly formed by student staff and the tournament is operated with each university’s feature.

Since the beginning of the tournament, Tsukuba University has been a host with themes of “International Exchange” and “Creation of Liveliness” with our co-host Tsukuba Urban Development Co., Ltd. and the tournaments have had a remarkably active international exchange compared to other universities. From that success, we have started a new stage on this activity from 2016.

We would like to appreciate from our heart to our co-host Tsukuba Urban Development Co., Ltd. and all the many people who have supported us to hold a tournament from 2010 to 2015.

Thank you very much.